Help us fight for all children kidnapped in Japan

※日本語は英語の下になります。(Japanese text under the English)

Hi, my name is Tommaso Perina and this is a photo from the last time I met my children.

48037054_1591435237986866_r.jpeg
This was March 2017, more than 3 years ago, where we were granted the "luxury" of spending one hour together in a meeting room inside Sendai's Family Court, in Japan.

-----

Hi, my name is Vincent Fichot, and these are my children:

48037054_1591435568808528_r.jpeg
The last time we met was August 2018, it's now almost 2 years since the last time I saw their smiles and heard their voices.


What's going on
You may think "what happened to your families?!" as it seems so out of this world in most countries, but let us "reassure" you that this is absolutely common in Japan.

Yes, Japan, one of the G7 countries, where more than 150,000 children every single year are kidnapped by one of their parents with the full support of the Japanese authorities. That means one parent decides to take the children without the consent of his/her spouse, and to leave.

However surprising this may sound, in the Japanese Parliament politicians are discussing about this problem on a daily basis, mentioning that 1 in 4 children born every year, at one point in their lives won't be able to meet one of their parents anymore.

This is frequent for international couples, in which one of the spouses is Japanese. Hence the "protection" from Japanese authorities. When this happens between two Japanese nationals, authorities tend to give custody automatically to the mother, or to the parent that first kidnapped the child.

The Japanese Police doesn't act because culturally, parental abductions are not considered crimes.
"The child is with your wife/husband, this is a simple family matter" and that's it, we've heard this countless times.


This is shocking, how come most people have never heard about it before?
Despite the issue being fairly unknown at a global level, foreign governments have been pressing Japan to change for decades.

Look at this, March 14, 2008, 12 years ago.
Or this article from the Washington Post.
Or this article on Reuters.
Or this article on the Japanese Asahi Shinbun, the image they use speaks for itself.

48037054_1591436783569296_r.jpeg

What we have done so far
We have met with our heads of states who spoke to Japan Prime Minister Abe to no avail.

We have filed a complaint to the United Nations Human Rights Council against the State of Japan exposing a pattern of gross violations of the rights of the child.

We have presented the issue in front of the Committee on Petitions of the European Parliament.

We have organized press conferences in Japan and have raised awareness through major international medias.
Please check these links to watch them:
Foreign Correspondent Club of Japan
Japan National Press Club
European Parliament Petitions on Child Abduction in Japan
 

Despite all this, the Government of Japan has done absolutely nothing to improve the situation.


Here's a summary of the money we have spent so far (just the two of us combined)
Japanese attorneys legal fees: 200,000 Euro
Private Investigators to look for our children: 20,000 Euro
European attorneys legal fees: 15,000 Euro
Trips to Rome, Paris and Brussels to discuss the issue with European authorities: 10,000 Euro

Despite fighting for years and Japanese Family Court judges pressing our wives to allow our children to meet us, all court orders have been ignored and totally unpunished.

The Family Court limitations reach the extent of judges and attorneys apologizing to us for not having enough powers to convince our wives to allow our children to meet us.


Our next actions
Child kidnappings in Japan must stop.
We must take our fight to the next level.

In 2020, we are going to face the costs below:
Japanese attorneys legal fees: 20,000 Euro
New lawsuit at the European Court of Justice: 20,000 Euro
New trips to Rome, Paris and Brussels: 10,000 Euro


We need your help as soon as possible to keep our fight alive.


Please donate so we can keep fighting not only for our children, but for the rights of all children that have been victims of parental abductions towards and within Japan.

To stay up-to-date with our latest actions please check our website:
https://www.japanchildrenrights.org/

On behalf of all children in Japan, thank you.

Vincent and Tommaso



▼日本語


連れ去り被害に遭った子どもたちを救う活動のために、助けてください


こんにちは、私はトマソ・ペリーナです。これが私が子供たちに会ったのはこれが最後です。

48037054_1591598719321705_r.jpeg
これは3年以上前の2017年3月で、仙台の家庭裁判所内の会議室で一緒に1時間過ごすという「贅沢」が与えられました。

-----

こんにちは、私はヴィンセント・フィショです。これは私の子供たちです:

48037054_1591598752628347_r.jpeg
前回会ったのは2018年8月で、前回笑顔を見て声を聞いてから約2年になります。


なにが起こっているのか
「あなたの家族に一体何が起きたの!?」と思うでしょう。この世界のほとんどの国では見られないことです。しかし、日本では完全に誰にでも起こり得ることを「再確認」しましょう。

日本は、G7諸国の1つであり、毎年150,000人以上の子供が日本の当局の全面的な支援を受けて両親のどちらか1人に誘拐されています。つまり、片方の親が配偶者の同意なしに子供を連れて去っているのです。

しかし、これは意外なことに聞こえるかもしれませんが、日本の政治家は国会で日々この問題について話し合っています。毎年生まれている子供のうち4人に1人は、ある時点で両親の1人に会うことができなくなると述べています。

これは、配偶者の1人が日本人である国際的なカップルによく見られます。日本の当局からの「保護」を得ています。これが2人の日本人の間で発生した場合、当局は母親、または最初に子供を誘拐した親に自動的に監護権を与える傾向があります。

文化的に、親による拉致は犯罪とは見なされないため、日本の警察は動きません。

「子供はあなたの妻(もしくは夫)と一緒です。これは単純な家族の問題です」。そしてそれだけです。私たちはこの言葉を数え切れないほど聞きました。


これは衝撃的なことですが、ほとんどの人がこれまで聞いたことがないのはなぜでしょうか。
この問題は世界レベルではあまり知られていませんが、外国政府は日本に何十年も変革を迫ってきました。

12年前の2008年3月14日のレター を見てください。
またはワシントンポスト からのこの記事。
またはロイター に関するこの記事。
または日本の朝日新聞 のこの記事。彼らが使う画像イメージはそれ自体が物語っています。

48037054_1591598983897029_r.jpeg

これまでに行ったこと
私たちは、安倍首相に意見を述べた国家元首と会談しました。

私たちは、重大な子供の人権侵害を公に行っている日本国に対して国連人権理事会に苦情を提出しました。

欧州議会の請願委員会でこの問題を発表しました。

日本で記者会見を開催し、主要な国際メディアを通じて認知度を高めました。

これらのリンクをチェックして視聴してください。
日本特派員クラブ 
日本記者クラブ 
日本の実子誘拐に関する欧州議会への請願 

これにもかかわらず、日本政府は状況を改善するために何もしていません。


これまでに費やしたお金の概要は次のとおりです(2人だけを合わせると、1ユーロ=124円として)
日本の弁護士の訴訟費用:200,000ユーロ(2,480万円)
私たちの子供を探す私立探偵:20,000ユーロ(248万円)
ヨーロッパの弁護士の法的費用:15,000ユーロ(186万円)
ローマ、パリ、ブリュッセルを訪問し、欧州当局とこの問題について話し合う:10,000ユーロ(124万円)

何年にもわたって戦い、日本の家庭裁判所の裁判官に対して、妻に私たちの子供たちに会うことを許可するように迫ったにもかかわらず、すべての裁判所命令は無視され、全く罰せられませんでした。

家庭裁判所の機能不全は、妻が子供たちに会うことを可能にするために妻を説得するのに十分な権限がなく、裁判官や弁護士が私たちに謝罪しなければならないレベルに達しています。


私たちの次の行動
日本の児童誘拐はやめなければならない。
私たちは戦いを次のレベルに進めなければなりません。

2020年には、以下のコストに直面することになります。
日本の弁護士の法的費用:20,000ユーロ(248万円)
欧州司法裁判所での新たな訴訟:20,000ユーロ(248万円)
ローマ、パリ、ブリュッセルへの新しい旅行:10,000ユーロ(124万円)

戦いを継続するには、できるだけ早くあなたの助けが必要です。

私たちの子どもたちだけでなく、日本国内での、または海外から日本への連れ去り被害者となったすべての子どもたちの権利のために戦い続けるために寄付をお願いします。

最新の行動を最新に保つために、下記のウェブサイトをチェックしてください:
https://www.japanchildrenrights.org/

日本のすべての子供達の立場から感謝いたします。


ヴィンセント トマソ

Donations

  • Anonymous 
    • €300 
    • 4 d
  • Anonymous 
    • €100 
    • 7 d
  • Anonymous 
    • €50 
    • 22 d
  • Anonymous 
    • €250 
    • 24 d
  • Anonymous 
    • €500 
    • 28 d
See all

Organizer

Vincent Fichot 
Organizer
Saint-Martin-de-Crau (Bouches-du-Rhône), France
  • #1 fundraising platform

    People have raised more money on GoFundMe than anywhere else. Learn more

  • GoFundMe Guarantee

    In the rare case that something isn’t right, we will refund your donation. Learn more

  • Expert advice, 24/7

    Contact us with your questions and we’ll answer, day or night. Learn more