Relaxip!

Relaxip is a garment, for helping post-mastectomy patients to put it on and zip it up at ease.  During the Breast Cancer Awareness Month 2019, help us raise money to reduce the price, increase varieties in sizes and colors, and increase our distribution.

(Note for Japanese readers: 日本語のストーリー 英語の後に書きました。GoFundMeの入金の訳を友人に協力してもらって作りました。ゆうちょでも入金できるようにしました。下の日本語のところにありますので、どうぞよろしくお願いします。)

I, Yoko Katz, am a breast cancer survivor (and in September 2019, have a new diagnose of recurrence after 5 years)  :

41748074_1569917799801113_r.jpeg

When I had a mastectomy surgery in 2014 at 36 years old, I cried out that I could not wear a shirt to go to see my doctor for a follow-up appointment.  Before surgery, I did not know how painful it was, and I had limited arm mobility.  Especially, since the original diagnosis, I felt frustrated because I did not choose my situation.  I was forced to do these treatments.  Now, I could not even wear cloth easily.  It felt so unfair, and I was angry and disappointed.  

 

My mother, Michiko, who came to help me, and my family saw my pain and struggle.  Shortly after, she came back with a blouse she brought for herself.  She altered the blouse so that I could wear it without raising my arms.  So brilliant!!!!  I went to the doctor’s office.  I could put it off and on, no problems.  This was helpful.  I want to help other patients who are forced to do this hard surgery.

 
41748074_1569917713827806_r.jpeg
 

RelaxipTM: (Link: www.healinheels.com )

This garment is called Relaxip, helping post-mastectomy patients to put it on and zip it up at ease.  Comfortable, casual, lose-fitting for hidden surgical drainage pockets, no help needed to put it on, and yet still fashionable.  No raising arm(s) necessary after a single or double mastectomy.  A patient can use it for after reconstruction surgery, too.

 41748074_1569917619901040_r.jpeg
I am an assistant professor of economics at the Fashion Institute of Technology (FIT), in New York City.  At the end of each semester, I ask for 5 minutes to make a presentation of my breast cancer journey to raise awareness of young people’s breast cancer as well as to promote my ideas of fashion for cancer patients.  This was a long-overlooked area.  One student, Sidney, was looking for a senior project for her thesis for her fashion technical design degree.  We started working together in Spring 2018 semester. 

41748074_1569918780548963_r.jpeg

This project was featured by FIT magazine, HUE of the winter 2018-2019 issue.  The article has been available on FIT website since October 2018, but it still became the most clicked article of the year 2018 at FIT newsroom.  You can find it in here: Link ( https://news.fitnyc.edu/2018/10/12/a-student-makes-stylish-garments-to-help-her-professor-a-breast-cancer-survivor/ )


 

 

Raising $25,000 during Breast Cancer Awareness Month 2019: 

 

Help us to help more patients!

 

With this funding, I can expand a volume order, which can reduce the per-unit cost.  Currently, I need to charge $64.50 per garment, but I would like to reduce the price. The lower the price, the more patients can afford to purchase it. 

 

More sizes and colors options could be available.  So far, I could only make 2 different sizes with my savings.  Your help will be great to kick start this project.

 

Share and spread this project information with your family and friends:

 
It was an unpleasant surprise to discover that I could not raise arms.  I only discovered as I went through the surgery.  There were so many things a newly diagnosed patient must decide about treatments, fashion is left behind.

 

1 out of 8 women become breast cancer in the US in the lifetime.  Expected about 268,600 people would be diagnosed in 2019.  From my experiences, cancer does not discriminate. 

 

I hope to raise awareness of this helpful product.  When your someone special unfortunately is hit by cancer, this will be a perfect gift to cheer them up.

 

Currently on sale at $64.50 per garment with $7 shipping through the website: LINK ( www.healinheels.com )

41748074_1569921415988683_r.jpeg

 

Last note:

 

May     2014: the initial cancer diagnostic: I started to think about this kind of product.

Fall      2017:  I met the Technical Design student, Sidney, at FIT.

Spring 2018: Sidney and Yoko worked on the design.

2018-  2019: Yoko met Masayo, both determined to deliver this to patients.

Sept.   2019: The first batch of the blouses become ready for sale.

Yoko found out her recurrence of breast cancer.

Oct      2019: Launch of GoFundMe.

 

About 10 days before the GoFundMe campaign, Yoko just got diagnosed with the recurrence after 5 years of Stage 1, triple-positive breast cancer with mastectomy, chemo, and reconstruction.  This timing is the worst and biggest irony that Yoko might be the very first patient who wears the very first production of her own line after thinking and developing the original idea for 5 years.  

 
Help me because I want to be helpful to other women who go through this.  These are scary and terrifying treatments to face. 



Relaxip(リラクジップ)は乳がん全摘手術後に、腕をあげなくても着脱できるように開発されたトップスです。10月の乳がん月間に合わせて、日本円換算で260万円のファンドレイジングをして寄付を募っています。ぜひ、私たちのプロジェクトを応援して、サポートしてください。お願いします。

入金方法2つです。

1) ゆうちょ銀行  
カタギリヨウコ 
店名:   二一八(読み ニイチ八チ)  
記号:12140 
番号:2125170 
 
その際に relaxipHH@gmail.com まで お名前とご金額の ご連絡ください。MasayoとYokoで管理して、ぜひ、情報をGoFundMeに入れて、目標額を目指したいです。そして、、お礼を申し上げたいので、よろしくお願いします。

2) GoFundMeの記入方法は、PDFファイルにまとめました 。クレジットカード決済が可能です。
______________________

資金の目的は次の4点です。

1. 患者さんに向けた商品なので、価格を下げて提供したい。
2. サイズ展開を 現2点より増やす。
3. 色展開を増やす。
4. 販売経路の拡大する活動資金

私、キャッツ洋子は、乳がんサバイバーです。(ところが、この10月1日キャンペーン開始2週間前、再発宣告が出ました。めちゃくちゃショックです。でもこのキャンペーンは1年以上前から この10月にやると決めていたので決行!)2014年、36歳で乳がん宣告を受け、全摘手術、卵子凍結、抗がん剤、再建手術をしました。摘出後に術後診察のために病院や、卵子凍結のための2日おきの血液検査のために、外出を余儀なくされます。ところが、腕が上がらず、Tシャツを着ることができず、不本意にしなくてはいけない全摘出をさせられて、私は憤りを感じて泣きました。

私の両親が日本から駆けつけていて、NYの私と家族の生活をサポートしてくれていました。私の痛々しい姿を見た母が、自分が持ってきたトップスに工夫を施して、目の前に差し出してくれました。「腕をあげなくても着脱可能な服」でした。それが、リラクジップの元祖です。それを見た私の乳腺外科医の先生が、「洋子、これはすごい。こういうのは見たことがない。ほかの多くの患者さんに届けてあげれば、助かる人がいっぱいいるよ」と言ったのです。
 

リラクジップ: (リンク:www.healinheels.com )

この商品は、リラクジップと名が付きました。リラックスして、ジッパーさえ上げれば、腕に問題なく服が着れるので、Relax+Zip で Relaxipです。着心地はいいし、通気性がいいので術後の蒸れを防げるし、カジュアルで、内ポケットに術後のドレーンを入れられるポケットがあるから、ダボっとしたデザイン。自分一人で着脱可能で、なおかつ 病人の服と言うよりは、ファッショナブルな服に出来上がっている。全摘出なら、片方だけ、両方とも、どちらにも対応可能。再建手術の時にも再び使う機会がある。

私は、この2019年秋学期からニューヨークにある、世界でも有数のファッションの大学・ファッション工科大学(FIT大学)のフルタイムの准教授になりました。もうかれこれ非常勤講師でバイトをしてきて11年経ちます。毎学期末、5分だけ学生の時間を授業中にいただいて、私の乳がんの体験を話します。ファッションには、人に勇気をもたらすパワーがあるのだから、ぜひ卒業しても、どこかで何かファッションで困っている人たちを助けてあげてほしい。というメッセージを伝えます。一人の学生が、卒業テーマを探していて、ひょっとしたら乳がん治療中にファッションで困ったことはなかったか?と聞いてきたことから始まり、2018年春、毎週ミーティングを重ねて、その中の一つを商品化させるように動くことにしました。。

そんなプロジェクトは、FIT大学の2018年冬号にも掲載され、FIT大学のウェブサイトに10月に載り、2か月余りで、2018年にクリックが最も多かった記事になりました。そのリンクはこちらです。
 Link ( https://news.fitnyc.edu/2018/10/12/a-student-makes-stylish-garments-to-help-her-professor-a-breast-cancer-survivor/  )



2019年10月の乳がん月間に合わせて、日本円換算、260万円のファンドレイジングをお願いしています。
 
より多くの痛みで困っている患者さんに届くように、ご協力していただけると嬉しいです。この資金でこの活動をします。
 
1.量生産をして、一着当たりの価格を下げ、現在の64.50ドル(6900円)の値段を下げて提供したいです。より多くの患者さんが購入することができます。

2&3.現在の2サイズから 大きなサイズを作ります。そして、色も違うものも提供したい。

4.より多くの人に知ってもらえるように、医療機関や、医療機関が集まる会合にブースを出して、プロモーションをします。



ぜひ、このプロジェクトのファンドに寄付をして、この活動をより多くの友達や家族に知らせてほしいです。このGoFundMeのページをShareしてください。
 
なぜなら、全摘手術をした後に、腕が上がらないというのは、癌治療においては、大きく見て、あまり大きなことではないらしく、患者さんはぎりぎりまで知らされないのです。全摘手術後に腕が上がらないと感じて、すぐにこのトップスが手元にあるのが一番いい。それには、あらかじめ、多くの人がこのRelaxipの存在を知っていて、用意できるのが一番患者さんにベストなのです。なにとぞ、Shareをよろしくお願いします。
 
日本では11人に1人が乳がんになると言われている。アメリカにおいては、8人に1人で、本当に多くの人がこの病気の治療をするのです。全員が全摘出ではありませんが、ぜひその中の多くの人たちに届くと良いと願っています。

 現在のところ、$64.50ドルで、海外へ送る場合は、送料は結構高いと思いますが、ご希望であれば送ります!ご連絡ください。市場拡大が可能となり、ビジネスが安定して来たら、海外展開もできたらいいです。Website から購入可能です。www.healinheels.com/shop 

ぜひ、ファンドレイジングの[寄付サポート 拡散 応援]をよろしくお願いします。

_________________________________

タイムライン:

 

2014年5月:乳がん宣告を受け、全摘出後に困り、母のアイディアがもとで、何か作れないかと考え始める。

2017年秋学期 : FIT大学で、シドニーという学生に出会う。

2018年春学期 : シドニーと洋子で、毎週ミーティングを重ねて、何度もデザインを練り、何着も作る。

2018-  2019:  商品化に向けて動き出すときに、ビジネスパートナーの川西真世(まさよ)に出会う。

2019年9月14日: 最初の生産分をが出来上がる。

2019年9月18日:洋子、乳がん再発の宣告を受ける。(キャンペーン現在、どこまで進行がある癌なのかを調べるのに、いろいろな検査をしている。)

2019年10月: GoFundMeのファンドレイジング開始。 


ファンドレイジング開始12日前に、洋子は再発宣告を受ける。Stage1で全摘出して、抗がん剤をして、ホルモン剤を飲んで治療をし続けている トリプルポジティブ性の乳がん。全摘出したサイドのほうから、残っていた乳腺細胞が癌化を始め、現在検査中。恐怖の中にいるけれど、こうして集中してどうしてもやり遂げたいことがあるので、何とか保っている具合。これは、このキャンペーン用に作った話ではなく、実際に今検査に検査を繰り返していて、ひょっとしたら、人生の残された時間がすごく短いのではないかと恐怖経験の真っただ中にいる キャッツ洋子、本人そのものが書いている。(なので、そんな方はいないと思いますが、誹謗中傷はご控え願いますように、なにとぞ心温かくお願いします。)

Donations (0)

  • Hiromi Higuchi 
    • $18 (Offline)
    • 13 hrs
  • AZUSA TATENO 
    • $100 
    • 17 hrs
  • Yuriko Nagai 
    • $100 
    • 1 d
  • TAKUMI YAMAZAKI 
    • $100 
    • 2 d
  • Izumi Tsuboi 
    • $100 
    • 2 d

Fundraising team: Heal in Heels (5) 

Yoko Katz 
Organizer
Raised $2,055 from 26 donations
Dobbs Ferry, NY
Yoko Thurston 
Beneficiary
Masayo Kawanishi 
Team member
Raised $200 from 1 donation
Sidney Nobleza 
Team member
This team raised $7,731 from 63 other donations.
  • #1 fundraising platform

    People have raised more money on GoFundMe than anywhere else. Learn more

  • GoFundMe Guarantee

    In the rare case that something isn’t right, we will refund your donation. Learn more

  • Expert advice, 24/7

    Contact us with your questions and we’ll answer, day or night. Learn more