Paused in NY e-book publish for BLM support

 

Hi, my name is Takuya  -  Japanese hairstylist in NY since 2014.   @tak8133     (日本語文は英文の下に続きます。)  

I usually work in fashion and commercial.
Due to the influence of the coronavirus pandemic, I had to stop working and stay home in Brooklyn since middle of March. For about 100 days since then,  I’ve made 100 hairstyles using everyday materials. Then I decided to publish them as an e-book; “ Paused in NY ~ 100 mannequin heads quarantined” with help of my friends. I launched this page to ask for donation for this project.

Also, whether the goal amount of $10,000  by the end of August  is reached or not , 70% of the funds raised will be donated to # BlackLivesMatter Global Network  and I'll announce it here.  Because I have been inspired by the black culture, music, fashion, hairstyles, and I respect them. In the midst of this turmoil, I’m learning again about American history, the social structure and racial discrimination. I’d like to support people who are unfairly treated because of their race. 

I will send this e-book as a return to all those who donated more than $10  as soon as it’s completed in  August . 

I wish many people would enjoy the creation of the man who quarantined with mannequin heads for 100 days. I’d also appreciate if you could share this project with your friends. Thank you so much.

Takuya Yamaguchi

_____________________

 
はじめまして。2014年からNYでヘアスタイリストをしている山口拓也と申します。@tak8133 
普段はファッション雑誌や広告などの撮影の仕事でヘアを担当しています。

今回のコロナパンデミックの影響で3月半ばからずっと仕事がストップし、ブルックリンの自宅で隔離を強いられていました。その間約100日間で100個のヘアスタイルを、様々な素材で創作して作品にするというプロジェクトを毎日続けていました。そして、仲間の協力もあり その100作品を e-book (デジタル写真集)として出版する事になりました。 今回はそのための運営や製作の費用としてドネーションをお願いしたくこのページを立ち上げました。

ただ、目標金額の$10,000を8月末までに達成してもしなくても、そのうちの70%は # BlackLivesMatter Global Network に寄付して、ここに報告いたします。なぜなら私自身が黒人の文化、音楽、ファッション、ヘアスタイル、様々なものに影響を受けてリスペクトしており、また今この騒動の中、自分でも改めてアメリカの歴史や社会構造を勉強し直し、差別や偏見によって不遇な扱いを受けている人たちを少しでも助ける役に立ちたいと思ったからです。

今回$10以上のドネーションをしてくださった方全員に リターンとしてこの写真集が完成次第( 8月中予定)、お送りさせていただきます。つきましてはこのページ内のオレンジ色の「Donate」のボタンから進んで頂き、送金していただけたらと思います。

自宅に篭っての100日間のクリエイションを少しでも多くの方に楽しんでいただけたら幸いです。そしてまたこの活動をご友人の方にもシェアして頂けたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

山口拓也

49263358_159371315474831_r.jpeg

ーーーーーーStory ーーーーーーーーー

Due to the coronavirus pandemic, all the photo shoot jobs were cancelled after March 15th, 2020 and I was at a loss. The NYC was completely locked down and it made me worried and anxious every day because suddenly I had no income and nobody knew how long it would last.

My wife went back to Japan so I started to live alone in quarantine. Still worrying about many things, I decided to immerse myself into what I love the most; to create something. I remembered my old camera I bought long time ago, then I started creating and photo shooting.  

 At first, I customized  a normal mannequin head and put the styled hair wig. But I wanted to do something more unique and original which I only could do. So I looked back at my previous works, then I found an old picture of my hair design made with paper which was awarded in a Japanese hair contest over 10 years ago. 
I thought, “ this is it!” Then I started cutting plain white paper to make hairstyles. One style each day; research references, think about the design, make it into a style, take photo, then post it to SNS and repeat it every day. 
Gradually the response from various people  became bigger and INFRINGE magazine in London, Yahoo News Japan, and the brands I’ve worked with shared my project through writing articles and publishing it.  I got to receive encouraging messages and praise from people all over the world every day and night, they gave me power to keep on creating.

Because I’m in quarantine, at first I needed to use everyday materials in my apartment, starting with paper and then plants and flowers, empty cans and bottles, candles, and gelatin etc. I also got expired pastas, noodles and candies from nearby supermarket.
Not everything went well and most of the time I had to recreate it and I felt quite stuck both mentally and physically. But many times I was encouraged by the words of my friends, colleagues, followers and my wife and I could keep on going. 
Of course I’m not doing this forever, I told myself  to complete this project with 100 styles. Then I started to receive messages asking me to sell these photos, which made me decide to make it as an e-book. 
I created each one of them with my soul, always thinking that I would never compromise, keep my originality and told myself that “God is in the details.”

I've been listening to my favorite black roots music - Jazz and Hiphop( especially-Substantial) all the time during that work, and  I made lots of styles inspired by black culture, fashion and hairstyles. So I was distressed by the structural racism issue in USA reported in the news everyday. It made me relearn many things and also reconsider my 
actions in the past and about justice and equality. 
And now I feel what is important is what I think and how I act  from now on.

Therefore I’d like to support those who raise their voices and protest against the unfair. I will donate 70% of the funds raised here to the BlackLivesMatter Global Network to contribute towards the construction of a fairer society. 
As an Asian living in the United States, I am praying for world peace and equality through my creation.

Thank you for reading to the end.


Takuya Yamaguchi   @tak8133    /7/1/2020

※ Almost all foods used in this art work came from expired waste. Otherwise I ate all the other foods without discarding. I’m one of the people who support sustainability. 

49263358_1594146497430482_r.jpeg
〜 ストーリー 〜 

NYでのコロナパンデミックの影響で、2020年 3/15以降の仕事がすべてキャンセルになり途方に暮れました。街は完全にロックダウンし、これがいつまで続くのか分からない先が見えない不安の中、仕事がストップした以上収入もストップするので、日々悶々としていました。

去年からNYに来たばかりの妻は、協議を重ねた上で単身日本に帰国することになり、一人での隔離生活が始まりました。色々悩みましたがとにかく何かをクリエイションすることが好きなので、その好きなことにしばらく没頭しようと決め、昔購入して眠っていた一眼レフのカメラを引っ張り出し、作品を創って撮ることにしました。最初はマネキンの頭を自分で改造し、それにヘアウィッグを乗せて作品を作りましたが、もう少し何か自分らしい、自分しかできない事がしたくなり、昔の自分の作品を見返していたら、10年以上前の日本のヘアコンテストで入賞した時の 「紙」で髪をデザインした写真を見つけました。
これだ!と思い、自宅にあったコピー用紙を切ってヘアを作り始めました。1日1スタイル、参考資料を調べてデザインを考えて作って撮ってSNSにポストして、を毎日繰り返しました。そうするうちに様々な方から反響があり、ロンドンのINFRINGEマガジンをはじめ、日本のヤフーニュースや専門誌、仕事を一緒にしていたブランドなども この活動を記事にしてくれたり特集してシェアしてくださったりして、そのうち世界中の人から称賛や励ましのメールが毎日届くようになり、ここまで続ける事ができました。

自宅隔離で外出できないので、とにかく最初は家の中にあるものを素材にしなければならず、コピー用紙のあとは観葉植物や花、空き缶、空き瓶、ろうそく 、ゼラチンなどを使い、また少し落ち着いた頃には知り合いのスーパーから賞味期限切れのパスタやラーメンやお菓子を譲り受けそれを使ってヘアデザインもしました。

うまくいかない事ばかりで精神的にも体力的にもかなり製作に行き詰まる日や、やり直す事も多々ありましたが、その度に友人や仕事仲間やフォロワーの方々、また離れて暮らす妻の言葉に励まされました。そしてこれをずっと続けられる訳ではないので、キリ良く100スタイルまで完成させることにしました。しかし次第に「写真を売ってくれ」「写真集にして売ってくれ」というメールをよくいただいたので、最終的にe-bookとして形にする事にしました。自分では常に「デザインを諦めない」「自分のオリジナリティ」「神は細部に宿る」というのを意識して、ある意味魂を込めて一つ一つ毎日つくりました。

また製作中はずっと自分の好きな黒人ルーツの音楽  - JazzやHiphopを聴いていて、資料を探す中でも黒人のファッションやヘアにインスパイアされて作ったものも数多くあります。
しかし連日ニュースで流れるアメリカの構造的な人種差別問題に胸が痛くなり、自分でも色々な事を調べ直し、また自分の過去の行動も省みて 正義や平等について考え直す事ができました。そして大事な事は今後自分がどう考えどう行動していくかだと思いました。

そういった思いがあり、自分も仕事をストップされてはいましたが、それよりももっとたくさん不遇な思いをしている人達、またそれに対して声を上げる人達を見て、応援したり役に立ちたいと思いました。

ですので、ここで集まった基金をBlackLivesMatter Global Network に送り、微力ながら平等な社会の再構築に貢献できればと思っています。

NYに住むアジア人として クリエイションを通して世界平和と平等をずっと願っています。

最後まで読んで頂き ありがとう御座いました。

山口拓也  @tak8133     7/ 1 / 2020

※ この作品に使われた食物はほぼ全て期限切れの廃棄物を譲り受けたものです。それ以外の食物は廃棄することなく全て食べました。私はサステイナビリティを支持する一人です。

49263358_15936036539730_r.jpeg

49263358_1594474135737780_r.jpeg

Donations

  • Patrick Tsao 
    • $20 
    • 44 mins
  • Yuti Chang 
    • $10 
    • 4 hrs
  • Yuji Yamaguchi 
    • $30 
    • 3 d
  • Natasha Suzuki 
    • $10 
    • 6 d
  • Chriscina Lampkin 
    • $5 
    • 6 d
See all

Organizer

Takuya Yamaguchi 
Organizer
Brooklyn, NY
  • #1 fundraising platform

    People have raised more money on GoFundMe than anywhere else. Learn more

  • GoFundMe Guarantee

    In the rare case that something isn’t right, we will refund your donation. Learn more

  • Expert advice, 24/7

    Contact us with your questions and we’ll answer, day or night. Learn more