The Nuclear Family




Since August of 2011, I have been writing a book about the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki. I have finished the American perspective side of the book. My grandfather Jacob was the only man to fly on both planes carrying the bombs. He left enough testimony for me to piece together the American side of the war. I have been to Japan before to learn about the Japanese perspective, but I need your help to go again.
In 2011 I received a grant through my university (university of colorado) and went to Japan to explore the history of World War II from their side. While there I met the nephew of Sadako, the 12 year old atomic bomb survivor who later died of leukemia while folding 1000 paper cranes. He not only put sadako's last crane in my hand, but he then invited me and Preisdent Truman's grandson to come to Japan and meet survivors of the bomb, and get together to send a message of peace to the world. Well we met in Japan.
Here are a few links about that trip here that appeared in various world media outlets:



here, here, and here




The survivors not only told Clifton and me what surviving an atomic bomb was like, but then asked us to tell other's their testimony. However to write a book of highest quality it cannot be based on only one interview per survivor. I need to conduct many more.


Some of the survivors I met last year, aren't connected to the digital world, so meeting them in person is crucial. As of now If I want to get in touch with them, I have to email a translater so she can hand write a letter to send them, they then reply in Japanese, she translates, and I get a letter back. If I can get to Japan I could arrange to meet with them, but I cannot afford to be in Japan by myself. With your help, I can get back there.

ねぇ!核技術ってどう思う?好きでも嫌いでも、みんなにぴったりの本があります!問題は、それがまだ書き終わってないということなんです。
ほとんど完成してはいるけど、まだやり残したことがあります。そこでみんなの助けが必要なんです。
僕の書こうとしている本は、ヒロシマとナガサキの原爆の話で、アメリカと日本両方の視点から書いたものです。アメリカ側の話はほとんど書き上がっ たところです。
僕の祖父は、原爆を積んだ両方の飛行機に乗っていた唯一の人間です。そしてアメリカから見た戦争の話を書くのに充分な証言を残してくれました。
日本側の話の方は、2011年に助成金をもらい、日本まで話を聞きに行ったのです。12歳で被爆して千羽鶴を折りながら白血病で亡くなった佐々木 貞子さんの甥に会うこともできました。彼は貞子さんの折った最後の千羽鶴を僕に手渡してくれただけでなく、その後も被爆者に会って世界に平和の メッセージを一緒に届けるために僕とトルーマン大統領の孫を日本に招待してくれたのです。と言うわけで、僕たちは被爆者の人たちに会い、何があっ たのか話を聞くことができました。そして、驚いたことに自分たちの話を伝えて欲しいと頼まれたのです。でもそのとき録音できたのは一人の話だけ で、ビデオに撮ったのも数人だけでした。彼らについてきちんとしたことを書きたいけど、そのためにはもう一度話を聞く必要があります。でも話は日 本でないと聞けないのです。インターネットなどを使っていない人もいるから、会って話を聞くことが欠かせません。それにほとんどの被爆者は、とて も高齢で自分の住んでいる街から出ること、ましてや日本から出る事なんて考えられないのです。
この本を完成させるために、そして何よりも、そうした証言が永遠に失われてしまう前に記録に残すためにも、出来るだけ早く日本に戻って話を聞かな くちゃいけないのです。ぜひご協力ください!


ここから新聞記事です






















  • Jennifer Beser 
    • $10 
    • 76 mos
  • Robert Croonquist 
    • $50 
    • 76 mos
  • Jill Ruskin 
    • $50 
    • 77 mos
  • Anonymous 
    • $1,000 (Offline)
    • 77 mos
  • walter enloe 
    • $100 
    • 89 mos
See all

Organizer

Ari Beser 
Organizer
Owings Mills, MD
  • #1 fundraising platform

    More people start fundraisers on GoFundMe than on any other platform. Learn more

  • GoFundMe Guarantee

    In the rare case something isn’t right, we will work with you to determine if misuse occurred. Learn more

  • Expert advice, 24/7

    Contact us with your questions and we’ll answer, day or night. Learn more