Emergency Surgery 【寄付のお願い】

TL;DR Hide and I flew to America for our wedding, I had to get unforeseen emergency surgery and now we've been hit with a huge bill.

※日本語は英文の下にございます。


The Backstory

Hide and I met in 2014 while both of us were still living in Niigata, Japan. We dated for a happy two years and a half years before getting engaged in March of 2017.  He proposed at a beautiful resort in the Philippines and I thought my life could never get better.

The following year was spent working closely with my family to plan our perfect wedding. Thanks to work, I was able to come back to the states to pick out a venue and wedding dress. 

32039442_154081727461682_r.jpeg
I was so happy. Everything was going according to plan. I was no Bridezilla by any means, but I did have certain things I wanted and my family and friends went out of their way to help us find vendors, book entertainment, basically do everything since we live so far away.

I counted myself so lucky that we were able to make our dream day come true in the US. I couldn't imagine my wedding without my family being there.

The day we flew out, I was having slight abdominal pain, but, as so many women do, I wrote it off as menstrual cramps. I often get them to an extreme degree, so this was nothing out of the ordinary for me.

Over the next few days, I was able lots of time catching up with friends and family. Hide and I both had so much fun.

32039442_1540817973230846_r.jpeg
The Emergency

The day of the rehearsal dinner, however, was a different story. So many of my friends came from far away, but I had a hard time being myself because of the pain. Again, this wasn't the first time something like this had happened to me, so I brushed it off and just took a pain pill.

Later in the afternoon, the pain worsened to the point where I knew this wasn't normal. My parents rushed me to the hospital where I spent hours undergoing multiple tests and checks only to find out that I had an ectopic pregnancy. Worse still, I had heavy bleeding in my abdomen that I had mistaken for my period.

The bottom fell out of my stomach when I heard those words. I'm no doctor, but I do watch a medical reality show or two and I knew what that meant-invasive surgery. It was one o'clock in the morning on the day of my wedding when I finally went into the operating room.

32039442_1540818545914963_r.jpeg
Thankfully, everything went fine. There were no complications from the surgery, and after sleeping a few hours, I was able to leave the hospital and go home. I was still groggy from the anaesthesia and ended up falling asleep at home again.

I was tired and in pain, but I was determined not to let it ruin my day. Hide and I went to the venue, got dressed (me more slowly than him), and walked down that aisle to the happy applause of our friends, family, and a crowd of people watching from the restaurant on site.

32039442_1540819114661007_r.jpeg

Even being in pain, I still had a wonderful day. Everyone was so kind and understanding and did their best to make sure that I was as comfortable as I could be. Even so, I wasn't able to dance and I ended up leaving early due to pain and exhaustion.

I spent the next few days recovering at home and then flying back to Japan.

The Bill

Soon, the bill for the hospital came. As I'm sure anyone living in the United States is aware, medical fees are extreme there. After a month of negotiation, our bill still came out to over $15,000. For a new couple, that's a lot of money.

If you are able to donate and help us, we would be so grateful.

Even if you can't donate, we would really appreciate if you could share this page with your network or anyone you think might be able to help. 

Thank you for reading this far and I hope you have a great day!


私たちについて

私と私の妻カーリーは、2014年に当時住んでいた新潟県新潟市 で知り合い、約2年半の交際を経て、2017年3月に婚約、 一年後の2018年に入籍し、晴れて夫婦となりました。 現在は神奈川県川崎市に住んでいる、ごく普通の共働き夫婦です。


結婚式まで

自然な流れで結婚式を挙げる話になり、 妻の希望もあり妻の母国アメリカですることに決めました。
2018年7月、結婚式のため渡米し、妻の家族や親族と会い、 幸せな時間を過ごしていました。何もかも予定通りに進み、 あとは結婚式当日を待つだけでした。
しかし、予期せぬ出来事が結婚式前日に起きました。


緊急手術

結婚式前日、 妻の実家にて式のリハーサルも兼ねたパーティーを開催し、 妻の家族や親族、多くの友人や関係者が集まっていた最中でした。 突然、妻の具合が悪くなり、呼吸困難に陥り、 激しい痛みが妻を襲いました。私も妻の両親も妻の緊急事態だと、 直ちに病院へ向かいました。
病院に到着し、検査を行った結果、「 異所性妊娠(子宮外妊娠) 」と判明しました。
何かしらの異常で、受精卵が子宮腔以外の卵管・卵巣・ 腹膜などに着床し発育することであり、胎児は育たず、 患者は激しい痛みを伴い、最悪死に至るケースもあるとの事。
腹部で内出血が起き、それが溜まり激痛を起こしているとの事で、 緊急手術を行うことになりました。併せて、 片方の卵管を摘出することになりました。
手術を待つ間、 何度も激しい痛みが妻を襲い呼吸困難に陥っていました。
私も妻の家族も、目の前で起きている光景が信じられず、 ひたすら祈るしかありませんでした。 妻が必死に痛みに耐え泣き叫んでいた光景は、 一生忘れることはありません。

日付をまたぎ、結婚式当日の午前5時頃、 4時間におよぶ手術が無事終了し、 安静のため昼前まで病院で休むことになりました。( 当然のことながら、日本では術後、 数日間入院してから退院という流れらしいが、アメリカの場合は、 術後のその日のうちに退院というのが一般的な様です)
手術が無事に終わった安堵感と数時間後に予定している結婚式はど うするのかという不安感を強く感じたことを憶えています。 参列者には申し訳ないが、正直なところ、 妻の体調を考慮し結婚式を中止すべきと考えておりました。
しかし、妻が麻酔から目覚め「結婚式を予定通り行う」 と言いました。絶対に無理だと思っていましたが、 妻の意思は固かったです。数ヶ月も前から準備をしてくれた家族、 親族、 結婚式に参列してくださる友人や関係者の方々を想っての事だった と思います。

結果、痛み止めを飲み、結婚式を予定通り行うことになりました。
まだ激しい痛みが残る中、 勇敢な決断をした妻を心配すると同時に誇りに思いました。


結婚式

結婚式当日、安静が必要な中、午前11時に退院し、 急いで支度をし結婚式会場へ向かいました。
会場到着後、控え室にて妻は痛みが残っているにもかかわらず、 周囲に明るく振舞っていたそうです。
ウエディングドレス姿になった妻を初めて見たとき、 私は涙を堪えるのに必死でした。
数時間前までベッドで横たわり、 立つことも出来なかった事を知っていたので、 目の前の光景はまさに「奇跡」でした。
5時間におよぶ結婚式、結婚披露宴の間は、ファーストダンス、 家族とのダンス以外は、 大事を取り椅子に座らせていただきました。 ダンス好きな妻にとっては、 人生の一大イベントで大好きな家族や親族、 友人と踊れなかったことが唯一の心残りだと思います。

実は結婚式の間も参列者に気づかれないよう控え室に戻り、 痛み止めを何度も飲んでました。最後まで参列者を気遣い、 皆に楽しんでほしいと思っていたのです。
結局、結婚式終了まで参加することが出来ず、 途中で退席させていただきましたが、必死に痛みに耐え、 結婚式を乗り切った妻を改めて誇りに思いました。


高額な医療費

家族や関係者の協力もあり、何とか結婚式を乗り切りました。
その後、日本に帰国し、待っていたのは高額な医療費でした。
日本では考えられないような額が請求され、
その額 $43,000(¥4,850,000)。

アメリカの医療費は高額だとわかっていましたが、 想像以上の請求額で私たちは呆然としました。
幸い、 アメリカの医療費というのは保険会社を通し交渉が出来るとの事で 、最終的には、約$15,000(¥1,700,000) まで下がりましたが、私たちにとってはまだ高額です。

そこで皆さまのお力添えを賜りたく、「寄付のお願い」 をさせていただく事になりました。
皆さまからご寄付をいただければ幸いです。

何卒よろしくお願い致します。

最後までお読みいただき、有難う御座いました。


加藤 秀明 カーリー
  • Maria Adamowsky 
    • 20 $ 
    • 33 mos
  • Miho Agatsuma 
    • 30 $ 
    • 34 mos
  • Yumi Itagaki 
    • 100 $ 
    • 34 mos
  • Anonymous 
    • 150 $ 
    • 34 mos
  • Dara Gold 
    • 15 $ 
    • 34 mos
See all

Organizer and beneficiary

Carly Haden 
Organizer
Stamford, CT
Mark Haden 
Beneficiary
  • #1 fundraising platform

    More people start fundraisers on GoFundMe than on any other platform. Learn more

  • GoFundMe Guarantee

    In the rare case something isn’t right, we will work with you to determine if misuse occurred. Learn more

  • Expert advice, 24/7

    Contact us with your questions and we’ll answer, day or night. Learn more